つぶやき

マリカーの事故についての私の見解

投稿日:2017年4月13日 更新日:

こんにちは、ロドニーです。

こんな記事を見つけました。

12日午後1時ごろ、港区三田の国道で、旅行中の韓国人女性(25)が運転するレンタルカートが、駐車中だった乗用車に追突する事故があった。
追突された車に乗っていた男性は「マリオカートが3台通過して、そのあと黒い車が通過して、そのあとドーンといきなりぶつかってきた。後ろ見たら、誰もいなくて、何だろうなと、何がぶつかったのかなと脇を見たら、女の子が降りてきて『ごめんなさい』と」と話した。

Yahooニュース

今までは交通事故が起きてなかったんですね。

ネットのコメントを覗いてみればもうみんな言いたい放題。

批判的な声が目立ちますが、私の見解でお話したいと思います。

 

実は私、マリカー体験者です。

こんな感じで楽しんでました。w

レンタルした時の事をお話します。

知人がアメリカから帰国すると言う事で、集まって楽しいことしよう!

と言う話になり、その知人が企画してくれた事がマリカー社の存在を知ったきっかけです。

2016年の3月頃だったな。

集まったのは10人ほど。

人数も多いので、ガイドさんが案内してくれるお台場コースを走ることにしました。

お台場までの道を2時間で周って帰ってくるプランで行こう!となりました。

 

入店してからの流れ

  1. レンタルする人の免許証を確認
  2. コスチュームを選んで着替える。
  3. 乗車前の車両の扱い方、乗り方、注意事項の説明を受ける
  4. 専属のスタッフが先頭と最後尾を走り、安全に誘導しながら走行開始

こんな感じでしたので、特に心配や不安になることは無かったです。

逆に危ないビシネスだけあって、

意外にしっかりしているな〜

と言う印象でした。

しかし、それはガイドを付けた場合の話。

見て分かる通り、カートは生身むき出しの状態で搭乗します。

車両の威圧感をモロに感じるので、事故の恐怖から嫌でも

気をつけねば!マンマミーヤ〜になってまう!

と実感します。

車高も低いので隣を走る普通車どころか軽自動車でさえ恐いですよ。

ガイドを付けずに自由に走行することもできるのですが、ブレーキの効き方が独特なので

自由に街中を走るのは少し危ないな〜

とは感じていました。

私は免許取得してから10年程です。

それなりに車にも乗っていますので、運転経験はそこそこあるつもりですが、それでもちょっと怖いとは感じます。

 

そんで本題の記事について

内容を見る限り4人で車両のレンタルのみでガイドは付けていないと予想できます。

今回の事故に関しては韓国人女性の不注意だったんだな〜と勝手に想像していますが、上でもお話したようにブレーキの効き方が独特です。

このタイミングでブレーキだ!

と思ったが踏むタイミングが遅くて後ろにドン!と追突した言ったところでしょうか。

こんな話をしている私もレンタル時に後ろを走っていた友人に追突されました。

 

マリカーはなくなってしまうのか?

海外の人が日本国内で、しかも都内のゴチャゴチャした道を走るとなるとトラブルが起きる確立は高いなと想像できしまうわけです。

以前から話題となった任天堂との商標問題もありますし、これだけ報道されてしまえばイメージダウンは必至。

ネット上でも絶賛炎上中。

まだまだ揉めそうです。

こうなってしまうと日本のお国柄、営業を継続していくのは茨の道ですね・・・。

とても楽しかったので夏になったらまたレンタルしたいですが、まだあるのでしょうかね。

 

余談ですが現在、マリカー社のウェブサイトは見れないと言われており、探してみました。

そしたら英語版のサイトは見ることができました。

経営者はなかなか、商魂たくましいお方のようです。

-つぶやき

Copyright© 五黄の寅ログ , 2018 All Rights Reserved.