つぶやき 備忘録

混ぜるな危険!塩素と酸性は死ぬレベル。

投稿日:

こんにちは!ロドニー@tonrin55です。

本日はちょっとしょうもない話をさせて下さい。

私、一人暮らしをしております。

汚いお部屋は嫌なので、毎週末の午前中には必ず掃除をします。

もちろんトイレもですよ。

トイレ清掃中に異臭が・・・!

手袋の装着完了。

ブラシを装備。

トイレ洗剤の用意、ヨシ。

便器をゴシゴシ。

無意識、無心でゴシゴシ。

すると・・・

ん?なんだ?この鼻を刺すような臭い・・・???

脳味噌からコレは危険!!!信号を発している。

手元をよく見ると・・・

を使っていました。

一人暮らし開始時からいつも使ってるのはサンポール。

 

ちょ、ちょ、ちょ!!!!

 

酸性(サンポール)+塩素(トイレハイター)やんけwwww

やばいやばい!!!

掃除前はサンポールの残量が残りわずかで、清掃中に使い切ったので酸性洗剤と塩素洗剤の違いに気付かずハイターに切り替えていたんです。

すぐさま便器を流し、換気扇を回して窓を全開にしました・・・。

これぞ間一髪。

 

 

 

酸性と塩素混ぜるとなぜ危険なのか?

サンポールにもハイターにもそれぞれ、ボトルラベルに「混ぜるな危険!」の表記がありますよね。

これはまさしく、酸性と塩素を混ぜる事を避けるよう表記してあります。

酸性と塩素を混ぜると、塩素ガスが発生します。

この塩素ガスは非常に猛毒で吸入量が多いと死亡事故に繋がります。

過去にも実際に死亡事件が何例も発生してることから、洗剤のラベルに「混ぜるな危険!」の表記がされるようになったわけです。

家事歴の浅い主婦とか普段掃除なんてしない旦那さんとか本当に気を付けてね。

 

 

 

豆知識 トイレの酸性洗剤と塩素洗剤の効果と違いって?

酸性洗剤と塩素洗剤の違いってわかる?
そもそもなんで二種類の洗剤があるんだよ!

と改めて聞かれると分からなかったので調べてみました。

 

それぞれの洗剤でその目的と効果が明確に違います。

サンポール等の酸性洗剤には尿の成分(カルシウムなど)や、洗浄水に含まれる鉄分などを分解する効果を持っています。

塩素は漂白、除菌、防臭に優れた効果を持っています。

サンポール(酸性)尿石、鉄分などの清掃に最適
トイレハイター(塩素)漂白、除菌、防臭に最適

とは言え、特定の人しか利用しない家庭内のトイレでは正直どちらの洗剤を利用しても大差ありませんので、お好みで利用すればOKです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は私自身に起きたヒヤリハットのお話をさせて頂きました。

もう少し判断を誤っていれば、今頃あの世からこんにちはをしていたかもしれません。

酸性と塩素の洗剤は混ぜるな、危険!!です。(当たり前だw)

いや、事故ってホントに意図せずにいきなり起きますよ!!

これこそ正真正銘の体当たり取材です。(?)

兎にも角にも皆様も気をつけくださいませ!

それではまた。

-つぶやき, 備忘録

Copyright© 五黄の寅ログ , 2018 All Rights Reserved.