WordPress ロリポップサーバー 備忘録

ロリポップサーバーでのWordPressインストール方法

投稿日:

こんにちはロドニーでございます。

今回はドメイン設定に続きのロリポップサーバーでのWordpressインストール手順について書き記して参ります。

 

WordPressインストール前の下準備

  1. ロリポップサーバーに登録済みであること
  2. 独自ドメインを取得していること (ムームードメインやお名前.com等で)
  3. 取得した独自ドメインをロリポップサーバー内に設定していること

注意:独自ドメインを入手してすぐにロリポップで設定、そこからすぐにWordpressにインストールしようとすると、設定が反映されていない場合があるので、注意喚起がでます。

独自ドメインのロリポップへの設定はこちらから

焦らずコーヒーでも飲みましょう。

 

インストールの手順

それでは始めて参ります。

まずユーザーページのサイドバーから、

  1. 簡単インストール
  2. WordPress

を選択してクリックして下さい。

 

必要な項目の入力

すると、以下のページに飛びます。

 

各項目を入力していきましょう。

セキュリティに関わるので、しっかりとしたものを入力してご自身で管理して下さい。

 

インストール先URL

ロリポップ内で設定した独自ドメインを入力してサイトURLを決めて下さい。※下記に補足あり

 

利用データベース

基本的に初期設定のままでOKです。

登録時にデータベースが振り分けられてるはずです。

このサイトは別データベースで管理したい!と言うこだわりがない限りはデフォルトのままで大丈夫だと思います。

 

サイトタイトル

サイト名を入力しましょう。

インストール完了後、後からでも変更可能です。

 

ユーザー名

インストール完了後にログインするのに必要です。

 

パスワード

インストール完了後にログインするのに必要です。

 

メールアドレス

WordPress更新や連絡が場合にメールが届きます。

 

※インストール先URLについての補足

サイトのURLですが私の場合は全てwww.を付けない設定にしています。

例:http://○○○.xyz

理由は以前にwww.を付けてインストールした際に、ロリポップ管理画面の独自ドメイン一覧から直接サイトにアクセス出来なかったからです。

また、www.付いた場合と付いてない場合でSEO的に大きなデメリットはないとの判断したのでこの方法で作業しています。

どうしてもwww.が良い場合はリダイレクト設定で解決可能ですが、この記事では省略致します。

 

入力内容を確認してインストール

 

内容にミスがないか確認したら入力内容確認をクリックしましょう。

検索サイトによるインデックスを許可する。

にチェックマークを入れておきます。

インデックスとはインターネットからの検索でヒットさせるか?させないか?

と、理解しておけば問題ないです。

ここも後からWordPress管理画面で変更可能なのでチェックを入れておいても問題ないです。

 

クリックすると最終確認画面が出ます。

インストール先のディレクトリの同じ名前のファイルがある場合は上書きされます。

この欄にも承諾にチェックをして問題ありません。

 

最後にインストールをクリック

これでインストール完了です!

 

 

まとめ

簡単でしたね!

独自ドメインを入手して、ロリポップに設定したらこれを繰り返すだけ。

ロリポップの場合、管理画面の独自ドメイン一覧からインストールした全てのサイトへアクセス可能なので、非常に便利です。

 

 

-WordPress, ロリポップサーバー, 備忘録

Copyright© 五黄の寅ログ , 2018 All Rights Reserved.