WordPress インターネット ロリポップサーバー 備忘録 独自ドメイン

【15分で出来る】ロリポップサーバーでのSSL化とhttps化の後にやる作業

投稿日:

こんにちは!ロドニー@tonrin55です。

Googleからの正式発表で通常のサイトでも常時SSL通信化(https化)を推奨ではなく、優遇するアナウンスが流れました。

つまり、

httpsになっているサイトを優先して上位に表示する~

と、Google様のお告げが出たんですね。

今まではクレジットカード等の個人データを保護する為にECサイトなどの購入画面に進む際にSSL通信をしていましたが、それを全てのサイト、全てのページで行う様にして下さいというわけです。

おそロシア。

SSLとは?httpsとは?

そもそもhttpsってなんだよ!

SSLってなんだよ!

って話ですね。

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上の通信を暗号化する技術を指します。

パソコン=サーバー間の通信データを暗号化する仕組みです。

SSLという技術は、第三者からデータの盗聴や改ざんを防止できます。

要するに、SSLを利用しているから個人情報・クレジットカード情報などの大切なデータを安全にやり取りできているわけです。

 

それに加えて、

https(Hyper Text Transfer Protocol Secure)とは、

http(Hyper Text Transfer Protocol) に、

セキュリティー機能を追加したプロトコルです。

プロトコルとはネットワーク機器同士での約束ごとで、約束ごととは「コンピュータ間でどのようにデータを送るのか、どれだけのデータを送るのか」ということを指します。

は?わかんねぇよボケ

 

要は、ネットワークの約束ごと(http)を安全(SSL)に守ります!

って事だけ覚えれば良いです!!w

 

 

ロリポップサーバーとの葛藤

このサイトはロリポップサーバーで運用しております。

が、通信速度の問題やWordpressとの相性の問題で何度も他のサーバーへの移転を考えていました。

Googleからhttps化優遇のアナウンスが出た際、

Xサーバーに移転しようか・・・

本気で悩みました。なぜか?

Xサーバーではhttps化が無料で実施できるのです。

そんなこんなで悩んでいたら・・・

とうとうロリポップでもhttps化が無償となりました!!

最高!!

本日はロリポップサーバーのSSL通信化のやり方を書いてまいります!

備忘録!

 

 

 

ロリポップサーバーのSSL化のやり方

それではSSL化の作業を行ってまいります。

実は非常に簡単です。

ロリポップのマイメニューの独自SSL証明書をクリックして下さい

続いて対象のドメインにチェックを入れて独自SSLを設定するをクリックします。

 

その次は・・・いえ、

これでSSL化は完了なんです。w

SSLを設定してからサイトに反映されるまで数時間掛かると言われていますが私の場合10分程度ですぐに反映されていました。

反映後はこんな感じに表示されます。

これは始まりに過ぎませんので。

 

 

SSL化後の作業

SSL化までは超簡単です。

が、この先が非常に面倒くさいのです。

大手サイトさんの多くが未だに非httpsなのはサイトが大きければ大きいほど大掛かりな作業となるからです。

重い腰が上がらない。

SSL化後に設定する作業は以下の内容です。

 

  1. Googleアナリティクスとサーチコンソールの設定変更
  2. WordPressの設定変更
  3. サイト内URLの変更(プラグイン使用)
  4. 301リダイレクト設定(プラグイン使用)
  5. アドセンスやアフィリエイト広告の変更

 

http ⇒ https に変わった言うことは、サイトの住所が変わった事と全く同じ意味です。

当然、設定していないとGoogle様から

誰や貴様?

状態になるわけです。

さもなければSEOの順位はおろか、流入データ、アドセンスやアフィリエイト収入全てに悪影響が出ます。

と、言うことは関係各所にお引越しの連絡と変更手続きが必要ですわな。

 

では、更新してまいります。

※念の為、バックアップは取っておきましょう。

 

 

Googleアナリティクスの設定

まず、アナリティクスに通知してあげましょう。

非常に簡単です。

アナリティクスのマイページにアクセスしたら・・・

画面右下の設定 → 対象サイトを選択 → プロパティ設定 → デフォルトのURL → https// を選択します。

選択したらスクロールして保存をクリック。

これで完了です。あっけない。

あ!

この設定画面のブラウザは消さずにしばらくそのまま残して下さい。

後でサーチコンソールと連携させる際に引き続き利用します。

 

 

Googleサーチコンソールの設定変更

続いてはサーチコンソールの設定変更です。通称サチコ。

やることは2つ。

https化したサイトの追加

追加したサイトのサイトマップを送信

地味に手間です。

はい、つべこべ言わずに変更します。

 

 

まず、SSL化したサイトのURLをコピペして下さい。

プロパティの追加 ➞ サイトURLを入力 ➞ 追加

 

すると以下のようにhttpとhttpsのサイトが2つ表示されるはずです。

詳細を表示して所有権の確認に進みます。

 

 

サイト所有権の確認

この作業をしているという事は、以前のhttpサイトで既に所有権確認は済んでいるかと思います。

特に何もする必要はありません。

確認をクリックして下さい。

するとすぐに確認されましたと表示されます。

そのまま続行をクリック。

 

 

サイトマップの送信作業

メニューからクロール ➞ サイトマップを選択します。

サイトマップの追加/テストをクリックして

https://サイトURL/sitemap.xml

と入力して送信して下さい。

 

送信後に下記の表示がでるので、ページを更新する。をクリック。

 

上手く送信されれば以下の画面になります。

全てのコンテンツが完全にインデックスされるには時間が掛かります。

ので、放置しますw

これで完了です。

注:プラグインのGoogle XML Sitemapsの使用を前提に説明しています。

 

 

Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携

アナリティクスでの設定変更をしたページは残しているでしょうか?

残っているならページの下部にスクロールして下さい。

するとSearch Consoleを調整の項目があります。

 

編集をクリック

 

該当サイトにチェックを入れて保存

 

これでアナリティクスとサーチコンソールの連携は完了です。

 

 

WordPressの設定変更

続いてWordpress側の設定変更をやっていきます。

管理画面の設定一般 に進みます。

 

下記のWordpressアドレスとサイトアドレス双方を

httphttps に変更します。

変更を保存して終了です。

 

 

サイト内のURL変更(画像とリンク)

サイト内の画像やリンクは単純に貼ってあるだけではありません。

この記事の画像もそうです。

貼ってあるように見えますが、実はリンクされています。

リンクを踏むと画像の保管先(ライブラリ)から引っ張ってきて表示されると言う仕組みです。

もちろん、それらの画像はhttpサイトで使用していたならURLもhttpのまま。

サイトをhttps化したら以前の画像やリンクのURLはそのままなので、記事を開いたとしても、

画像が表示されない!!!

こんな現象が起きてしまします。

元の画像やリンクをhttpsに変更すれば良いだけですが・・・

それが400枚を超えてたらどうしますか?

一個一個やってたら終りが見えませんよ。

それを一気に変換する良い方法があります。

プラグインのSearch Regexです。

まず、プラグインをインストールしましょう。

このプラグインは非常に万能で、後の工程でアフィリエイト広告の変更でも活躍します。

 

 

インストールしたら、ツールSearch Regexをクリック。

 

基本はデフォルトのままで問題ありません。

Serch patternに古いサイトURL(http)を入力

Replace patternにサイトURLのhttps以降//からのURLを記入して下さい。

理由は//以降を入力すれば、Googleでhttpでもhttpsでもどっちの場合でも柔軟に認識してくれるようになるからです。

※これはアドセンスのURLコードを変更する際にも覚えていおくと便利な知識です。また次回に説明します。

 

 

301リダイレクト設定

今までWebサイトに訪問してくれた方の中には更新を楽しみにブックマークをしてくれている人がいるかもしれません。

コンテンツの内容が非常に良くてSNSでシェアしてくれている人もいるかもしれません。

そしてそのドメイン自体に強力なリンクパワーが蓄積されています。

しかし、そのURLは全てhttpでの話。

もちろん以前のURLを辿ってきても新しいURLにたどり着くはずがありません。

そんな時はhttpのURLから飛んでhttpsのURLにたどり着く様に設定しましょう。

プラグインからSimple 301 Redirectsをインストールして有効化してください。。

301リダイレクトを設定するメリットは、古いURLから新しいURL先に転送するだけではありません。

以前のURLのリンクパワー自体を新しいURLに引き継いでくれるメリットがあります。

 

これも非常に簡単です。

設定 301Redirectsと進んだらこの画面に進みます。

Requestの欄に旧URL(http)を記入して、

Destinationの欄に新しいURL(https)を記入して下さい。

入力したら変更を保存をクリックして終了です。

簡単ですね!

 

 

 

まとめ

これにて基本的なhttps化の作業は終了となります。

手間は掛かりますが、しっかり手順を理解してやれば15〜30分程度で終わります。

SSLがなぜ重要なのか?

要約するとこうです。

https対応₍SSL化₎しないとSEO的に不利だよ!

httpsに変更したら関係各所の設定変更が必要だよ!

って事です。

手間かもしれませんが、やってみましょう!

ご参考になれば幸いです。

 

それではまた!

-WordPress, インターネット, ロリポップサーバー, 備忘録, 独自ドメイン

Copyright© 五黄の寅ログ , 2018 All Rights Reserved.