つぶやき アプリ・ガジェット スペイン 備忘録 海外情報

Airbnbのデメリットは気にならない!海外旅行にはAirbnbを使え!

投稿日:

こんにちは!ロドニー@tonrin55です。

 

先日のブログでもお話しましたが、長期連休を利用してスペイン旅行に行ってまいりました。

TOPの画像はバレンシアの芸術科学都市での写真です。

すんごくおすすめの観光スポットです。

 

私は常々、

海外旅行に行きたい!!

と思っとります。

けど、気軽に行けない最大の要因はやはり・・・

費用です。

海外旅行の費用を少しでも安く抑える方法はないか?

今回はその方法を紹介したいと思います。

海外旅行の最大の出費

旅行をする際の最大の出費は主に2つ。

旅券や移動などの交通費

ホテルなどの宿泊費

 

日本国内の交通費は年間を通して大きな差異はありません。

しかし、海外旅行となると移動は飛行機が必須。

日本の連休時期や渡航先各国の季節要因等で旅券の値段は大きく変わります。

こればかりは旅行する時期の運です・・・。

 

しかし、宿泊費に関してはある方法で季節に関係なく安く抑えることが、

可能なんです!

 

バレンシアのビルヘン広場にて

 

 

 

宿泊費を安く抑える方法、それはAirbnbを利用すること!!

Airbnbとは通称エアビーと呼ばる、民泊マッチングアプリで、

ホスト=レンタルスペース(持ち家、または持ち家の一室)を貸したい人

ゲスト=ホストのレンタルスペースに宿泊したい人

この双方を繋げる民泊仲介サービスです。

Airbnbで宿泊先を決めたい方は、ここから登録して4200円のクーポンを貰えます。

 

UberやAirbnbはシェアリングエコノミーブームの火付け役となったサービスで、存在は知っていましたが、しっかり利用するのは今回が初めてでした。

そして、使ってみた感想ですが・・・

もうね、最高です。

そんな個人的感想をまとめて紹介します。

 

 

Airbnbは安全なの?

民泊業やシェアリングエコノミーの繁栄を拒む旅館業の圧力か何かかは知りませんが、日本では認知度も低く、「危険なサービス」としてイメージを持って居る方も多いかもしれません。

はっきり言って、そんな風評は鵜呑みにしないで下さい。

Airbnbは登録時にはホストもゲストも細かく情報の確認が求められます。

もし、違法行為があり、発覚なんてすればスグに特定可能です。

それらの登録情報や過去の利用者のレビューからホストもゲストも双方で、

この人は問題ない人物か?
信用に足る人物なのか?

宿泊先の選定時点で判断可能です

非常に透明性のある評価&確認システムになっています。

 

 

Airbnbのメリット・デメリット

安全性について理解したら、次に気になるのはメリット・デメリットでしょう。

私が実際に利用して感じた事を素直に書き記していきます。

 

エアビーのデメリット

それぞれのホストでハウスルールが違う

施設内の使い勝手に制限がある

コミュニケーションは英語が基本

民泊はホテルではありません、人の家です。

「郷に入れば郷に従え」と同じで、「家に入れば家に従え」です。

長期滞在で同じ場所に宿泊するなら違いますが、短期滞在で複数都市で回る場合は宿泊先の数だけその家のハウスルールに従わないとなりません。

ドライヤーが有ったり無かったり・・・

洗濯をさせて貰えたり貰えなかったり・・・

門限を設定されていたり・・・

それぞれのホストでそのルールは様々です。

ある程度のハウスルールは宿泊先選択時に記載しているので、それを読んでおけば問題ありません。

他に不安がある場合は宿泊前のチャットでのやり取りで確認可能です。

また、海外旅行の場合はやり取りはどこの国でも英語が基本になります。

Airbnbのアプリではある程度の翻訳機能でやり取りをサポートしてくれますが、それでも簡単な英語能力は必要です。

 

エアビーのメリット

デメリットを見て、ちょっと不便そうだな・・・と思ったあなた、お待ちを。

デメリットを補って余りある程のメリットがAirbnbにはあります。

費用が安い

現地の新鮮な情報が入手できる!

新たな人脈構築と価値観の体験

 

まず、ホテル等では得られない、その地域に住んでいる人だからこその情報を手に入れる事が可能なんです。

  • 現地の人おすすめのレストラン
  • 穴場の観光スポット
  • お祭りやイベントの情報

これは実際に私がホストから聞く事ができた情報です。

情報が有ると無いでは旅行の質に大きな差が出ます。

ホストに教えてもらったレストランは安くて非常に美味しかったです。

 

最高のホストにも出会いましたので、記念の一枚を。

バレンシアで出会ったジャンとレイチェル夫妻、もう一人のゲストのUndarmalとの晩餐。

風呂上がりで頭ボサボサなのが私。w

行きつけのワインバーにて、スペインワインで乾杯。

最高に美酒でした!

こんなローカル体験ができたのもAirbnbならでは。

 

ただ、素敵なホストに出会えるかは、ある程度の運もあります。

宿泊先の選択時に物件の内装写真と評価を見た上で、

このホストは素敵そうだ!

と感じたホストを選ぶことで最高の出会いを引き寄せることが出来るはずです。

 

 

 

Airbnbで宿泊すればどのくらい安くなるの?

では気になる金額のお話をしましょう。

今回の旅行での宿泊費用を簡単に比較してみました。

スペインは9泊で滞在しましたが、最初の2泊がホテルで残りの7泊はAirbnbで2泊でした。

泊数宿泊費合計一泊辺り
ホテル2泊14,000円7,000円
Airbnb7泊28,000円4,000円

なんとホテルとエアビー民泊で3,000円も差額があります!

これはデカイ。

 

ちなみにバルセロナで宿泊したホテルはこんな感じ。

 

エレベータで一緒になったコンゴ人が、

「囚人の気分になるほど、狭いね。」

と漏らしていました。w

ちなみにAirbnbで宿泊した物件はどれもホテルよりも素敵な内装でした。

宿泊先を決める時にトリバゴやBooking.comでもエアビーの宿泊費と比較してみたのですが、エアビーの方が費用は全体的に安いです。

高い価格で狭くてボロいホテルに泊まるなら、Airbnbで新たな出会いと刺激を貰った方が断然お得でプライスレスですな。

 

 

他にもあった!Airbnbの使い方!

Airbnbがただの民泊アプリだと思って衝撃を受けた事があります。

な、なんと・・・・

現地のアクティビティ(イベントや活動)の検索も可能なんです!

 

例えば、バルセロナだとこんな感じ。

料金を支払うことで、

  • 現地の人のクルーザーに乗って地中海の海を周ったり・・・
  • 現地の人と海外の人を交えてお食事会をしたり・・・
  • 現地の人のバイクのサイドカーに乗って街を案内してくれたり・・・
  • 現地の人がヌード絵を書いてくれたり・・・w

様々なアクティビティに参加することが可能なんです。

ただ、スペインはマドリードやバルセロナでしかアクティビティは見つかりませんでした。

地方都市ではまだまだ活用できていない印象。

逆も然りで、日本であなただけにしかできないアクティビティを主催して国内外のお客さんにサービスを提供することも可能なんです。

例えば、漁師が教える新鮮な天ぷら調理教室とか。

神業!折り紙教室とか。

日本式エステ体験とか。

考えればすんごい副業になりそう。

 

 

 

まとめ

Airbnbこと、エアビーを利用することでの最高の体験についてお話いたしました。

私のAirbnbの顧客体験は本当に素晴らしいものでした。

久しぶりにこんな感動した。

世間の風評とその実態は真逆なんだな〜とつくづく感じた次第です。はい。

日本国内でも民泊の規制が緩和された事が最近のニュースで話題になりました。

この流れ、既に超熱くなってますよ。

費用の安さも魅力ですが、民泊でしか得られない貴重な体験と出会いを提供してくれます。

次の国内外の旅行では是非、Airbnbを利用してみてはいかがでしょうか?

それではまた!

 

-つぶやき, アプリ・ガジェット, スペイン, 備忘録, 海外情報

Copyright© 五黄の寅ログ , 2018 All Rights Reserved.